40代での夫婦の営みの平均回数を調べてみました

40代での夫婦の営みの平均回数は

コンドームを作っている相模ゴムが日本人の平均セックス回数について調べたデータがありましたので、これをもとに40代の性生活(夫婦の営み)がどのぐらいなのかについてまとめてみました。

 

40代での夫婦の営みは月2回未満

相模ゴムの調査で分かるのはセックスする相手がいる人(結婚している人または交際相手がいる人)の一ヶ月あたりの平均セックス回数です。

 

男女別、年代別にわかれていて男性40代だと月平均1.9回女性1.6回と男女とも2回未満となっています。少ないですよね。

 

同じ調査でセックスレスだと思う人の割合は、40代男性で62.9%、40代女性で56.2%。過半数がレス状態ということになります。

 

もっとセックスをしたいと思うかに対しては、40代男性の82.7%が「はい」、40代女性は37.5%が「はい」と男女でかなり差があります。

 

男性の場合は、「もっとセックスをしたいと思う」人の割合が20代よりも40代のほうが多いのに対し、女性は20代が最も高く、年齢とともに割合は少なくなっています。

 

理想的な夫婦の営みの回数は?

40代の夫婦の営みの平均回数は月2回未満ですが理想の回数となると、これは交際期間から含めた年数や子どもの年齢などによっても変わってくると思います。

 

子どもが小さくで手のかかるうちはセックスレスにならざるを得なかったけど、子どもに手がかからないようになったので夫婦の時間が持てるようになったという人も少なくありません。

 

その意味では40代が分かれ目なのかもしれません。このままセックスレスでお父さん、お母さんとしての役割を全うするのかオトコとオンナの時間も持つのか。

 

それにより理想の回数も変わってくるのかもしれません。

 

マンネリ解消のヒントはコレ↓


あかひげ薬局 売れ筋アイテム


 
40代でも2回戦 精力減退の意外な原因 初めての中折れ 勃起力低下を招くもの 濡れなくなったら