40代での夫婦の営みを充実させるには

40代での夫婦の営みは…

40歳を過ぎると夫婦の営みにも工夫が必要になってきます。つき合い始めたことからは何年も経っているのでエッチがマンネリ化してしまうのも仕方ありません。

 

子どもを産んでからほとんどセックスレス状態になってしまったということも少なくありませんが、まだまだ男女の関係であり続ける夫婦も多いそうです。

 

40代でも夫婦が男女であり続けるためには

どうしても子どもができるとパパやママとしての役割が求められますが、それだけではお互いにつまらないですよね。

 

もちろん子どもの前ではパパとママであっても、子どもがいないときは男女の仲に戻りたいものです。それが夫婦円満の秘訣ですよね。

 

男女であり続けるためには大切なのはエッチ。
20代のころとは違った愉しみ方が40代にはあります。

 

40代が夫婦の営みの分かれ目

40代であれば、まだセックスレス状態から抜け出せるものです。

  • 妻の出産後しばらくはレス状態だったけど、最近、またエッチが楽しくなってきた。
  • 若いときよりも回数は減ったけど、違った愉しみ方があることを知った。

なんて話が多いのも40代ならでは。

 

お互いにこれが50歳を過ぎてしまうと、もういいか…といったあきらめムードのようなものが出てしまいます。枯れてしまったようで悲しいですよね。

 

また、どちらかがその気になっても、なかなか相手が応じてくれません。

 

逆に40代のうちに違った愉しみ方を見つけておくと、50歳を過ぎても、60歳を過ぎても…となるようです。そうゆう人は若々しいのも特徴。

 

いつまでも男女でいられるっていうのはイイですよね。
50歳になる前になんとかしておきましょう!

 

世間ではどのぐらい「してる」の?

ちなみに、夫婦の営みの平均回数はというとコンドームを作っている相模ゴムが日本人の平均セックス回数について調べたデータがあります。

 

詳しくはコチラ ⇒ 40代での夫婦の営みの平均回数は

あかひげ薬局 売れ筋アイテム


 
40代でも2回戦 精力減退の意外な原因 初めての中折れ 勃起力低下を招くもの 濡れなくなったら